読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

参観日の思い出(贖罪)

子供の参観日に行った。若い女性の担任の先生が国語の授業をしていた。入道雲をどのように表現するかについて、子供たちに先生が質問。子供たちは元気に「もくもく」「にょきにょき」など手を上げて発表して、和やかに進んでいった。真面目な先生はその都度…