人間椅子ツアー@広島バックビート

11月4日(金)のライブに行ってきた。和嶋さんが今回はアルバムのリリースに合わせたものではないので、昔の曲をやると言って期待が高まったが、その言に違わず「見知らぬ世界」「人間失格」「羅生門」「幻色の孤島」「どっとはらい」という大好きな曲のオンパレードで、しっかり堪能させていただきました。ありがたい。

「見知らぬ世界」はアルバムで聞いてもライブで聞いても素晴らしいね。死後の世界を描いているんだと思うけど、しかしどの宗教にも属さない、もっと原初的な日本人のイメージというか、うまく言えないが個人的にはルーツのようなものを感じてしまう。やはり只者ではないと思った。

youtu.be

 

どっとはらい」も何度聴いても素晴らしい。飽きることがない。何だろうね、あの、和で狂っててユーモラスでグロくて明治大正でカオスでかっこいい感じというのは。

 

他にも和嶋さんは、広島に来て、絶対に東京にないような個人経営の楽器屋に入り、エフェクターを見ていたらお店のおばあさんに「何にしましょうか?」と話しかけられて感動したことや、YouTubeで人気が再燃したので、著作権者の申し立てなぞしないが、キング・クリムゾンの映像を探していると自分が出てくる(笑)とか、鈴木さんは「食堂で普通に『わしゃあのう』と話すオヤジさんを見て、映画通りだと思った。」とか、相変わらずMCものどかで面白かったです。

 今度は踊る一寸法師をやってほしいなあ。あと古い曲なら水没都市とか狂気山脈とか…どうも欲深くなっていかんね。

youtu.be